オープンカーについて

四季がある日本、移ろいゆく季節を楽しみながら乗るオープンカーについて。 More »

自作PC

安価で高性能でそれでもって個性的なPCを手にする事が出来る自作PCの世界。TeamKNOxの工作技術で作られた一風変わった自作PCをご覧下さい。 More »

ガジェット

Webマスターは大のガジェット好きです。クラウドファウンディングなどで集めたデバイスなどを紹介します。 More »

マイコンの活用

マイコンの第一歩は「Lチカ」だ。でも、その後は何をしよう?ってことでゲームコントローラのPCインターフェイスを作ってみた。 More »

こだわり

コンピュータにつよいこだわりを持つ Webマスターの意見です。 More »

 

書評:幻庵

百田先生は色々とあるが、筆力はあるのは認めざるを得ない。

書評:野垂れ死に

稀代の名棋士 藤沢秀行の半生を描いた作品。囲碁好きでなくても楽しく読める。

駆け出しの頃のはなし

エアバッグメーカーのタカタの民事再生の一報を聞いて、WebMasterは思わず、駆け出しの頃を思い出した。WebMasterは今でこそ、昔からソフトウェアの様な顔をしているが、その実はエアバッグのエンジニアにそのルーツがある。高専を卒業して新卒で入社した配属先がシートベルトの開発を行っており、その延長でエアバッグの開発に着手したのだった。入社した当時の仕事はエアバッグの文献調査だった。BOSCHのマテリアルを読み込みながらパテントの調査を行うのが日常だった。
 回覧されてくる出願や公開の書類の右上にはタカタの住所である「六本木」と先代の社長である「高田重一臈」の名前がいつもあった。藤沢の片田舎の開発センターで働いている新卒のエンジニアには同じ製品を開発しながら都内の盛り場の地名と出願者がいつも「高田重一臈」には物凄い違和感だったのだ。
 エンジニアの先輩からも「タカタのパテントが…。」と言う声がいつも聞こえた。新人ながら、「こんな会社に勝てるのかな?」といつも思っていた。

 それが民事再生になってしまったのである。

 「盛者必衰」って本当にあるんだな。

 リアルに感じた…。

ラストワルツ:柳広司

謙信の軍配者(下)

暴力の人類史(上下)

謙信の軍配者(上)

 謙信の軍配者となった冬の助の運命は如何に!?

irMagicianの注文をこなす

 大量注文が来たので、量産に励む。

書評:早雲の軍配者(下)

足利学校から復帰した小太郎の活躍

書評:早雲の軍配者(上)

風魔小太郎のはなし