Category Archives: Life

irMagicianの注文をこなす

 大量注文が来たので、量産に励む。

ちゃんと寝よう

一日の疲れが全然違うことを発見した。

月曜日から飛ばし過ぎだよ。

 ちょっと疲れた。明日も早めに出ないといけない。明日は速く帰ろう。

ドライブ行ってきた

横須賀の走水まで軽くドライブして、いつもの食堂でワカメ買ってきた。

Python勉強会は不参加

 途中までは行く気だったけど、Macが重いのと暑いのとで途中で挫折。

ちょっと長引いた

 仕事が長引いたのでお疲れ中。ほんと、疲れたな。

昔の同僚と

 N時代の同僚と中野で呑んだ。中野で呑むのはよく考えると初めてだけど、なかなかいい感じ。ちょっと開拓しても良いかもしれない。呑み自体はとてもリラックスして楽しかった。また企画します。

粛々と

 日々の雑務をこなしています。

一週間の始まり

 週末はイマイチぱっとしなかったけど、少し環境のセットアップが出来たかな?

仮想環境の比較

  • はじめに
     GPD-PocketではWin10をベースにLinux-Mintを仮想環境で動作させようと目論んでいる。

  • 条件
     なにぶんにもモバイル用の非力なCPUであるので、軽い仮想環境が望まれる。また、自宅のMacやオフィスのPCで動作させたりするので、ホストが異なる場合でも単一イメージを動作させる必要がある。Linuxの環境はubuntu系のLinux-Mintを用いて、自分の環境を構築した。このディストリは割とGUIがこっているので、それなりに重い。

  • 候補
     現在、入手出来る仮想環境の代表的なものを列挙する。この中から使う事になる。

    • VirtualBox
       Win, Mac, Linuxで動作環境が整っている。フリーである。

    • VMWare
       Win, Linux ではVMWare Workstation pro, VMWare Playerがあり、MacではVMWare Fusionがある。VMWare Workstation Playerはフリーだが全体的に高額である。

    • Parallels
       Mac専用であり、PC用はない。USBの取り扱いは秀逸である。
  • 速度比較結果
     特に数値データを取ったわけでは無いが、体感速度や仮想環境内のデスクトップ環境でターミナルウィンドウなどをドラッグしての描画更新のスムースさやソフトの起動の体感を比べてみた。

    • Mac(MacOS): Parallels ≒ VMWare Fusion > VirtualBox
    • N3700(Win10): VMWare Player > VirtualBox
    • 8700(Win10): VMWare Player > VirtualBox
    • TP260(Win10): VMWare Player > VirtualBox
  • 運用方法
     仮想環境のイメージはディレクトリにまとめられる。Macでは拡張子により、ディレクトリでは無く、一つのファイルに見れる。この拡張子は.vmwarevmである。この拡張子をフォルダに付加する。Win10環境では、VMWare Player, Mac環境ではVMWare Fusionが利用出来るので、このフォルダ単位で運用する。

  • あとがき
     VirtualBoxの動きがもう少し、キビキビすれば良いのだがUX的にはあまり芳しくないので、VMWareを選択した。PCの環境が向上すれば、VirtualBoxを使う可能性も出てくると思う。GPD-WinでVirtualBoxで動作させた所、RAM=2GBのコンディションだが、そこそこ動作したのでGPD-Pocketでも問題ないと考えられる。