Category Archives: book

書評: 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

書評: 昆虫は最強の生物である: 4億年の進化がもたらした驚異の生存戦略

書評: 小野田少尉との三ヵ月「幻想の英雄」

バランスを取るためにこっちも読んでみました。「小野田寛郎―わがルバン島の30年戦争 」のゴーストライターが、伊東の別荘で共同生活を送り記述するまでの経緯やその後が書かれています。少尉は今で言うところの「アスペ」的な性格だったのが垣間見えます。
面白いのはAmazonの書評欄です。賛否が錯綜しています。

書評: ベイズの誓い

 AIを用いた自動運転、その他で頓に注目されている「ベイズ推定」。これについて提唱者のベイズの生い立ちから始まる読み物。随所に簡単な数式とそれの解き方を用いて理解を深めようとしている。中学程度の簡単な数学で導けるのがほとんどなので実際に手を動かしながら解いてみると、「AI以前に数学ガー!」と言っている人には良いかもしれない。
 読み進んでいくと、「シンギュラリティ」を解説した章が出てくる。シンギュラリティの原著は、レイ・カーツワイルの「Singularity is Near.」である。これの翻訳本はNHK出版から「ポスト・ヒューマン誕生」で既に発行されているが、これを知らないのか無視しているのか様々に意訳されたシンギュラリティ本をdisる解説があったのがちょっと残念だった。

 AI以前、統計以前の初学者が最初の取っ掛かりとして読むのはありだと思う。

書評: 小野田寛郎

 リアルタイムで児童向けの小野田寛郎の自伝は読んだが、大人向けのは今回が初めて。生い立ち、商社時代、徴兵までの流れ、陸軍中野学校時代のこと、派遣、サバイバル、島内での行動と思索、命令解除、帰国後の生活が余すことなく書かれている。圧巻は島内での思索と結論だ。陸軍中野学校出身と言えば情報戦のスペシャリストである、そのスペシャリストをもってしても彼の考えていた日本と現実の日本には大きなギャップがあったのだ。悲しくなると同時にある意味仕方のないことだと考えざるを得なかった。
 島内サバイバルについて詳しく書かれていた当時の児童向け書籍の断片的な記憶があるので、その部分は本書と併せてしっかりとイメージできた。
 戦後と言う言葉が踊りだしたら本書を繙き、リアルに30年戦後が遅れた人間の生き様に思いを馳せても良いかもしれない。

書評: 昆虫は最強の生物である

書評: 上と外

 ステップファミリーを軸とした冒険物語。考古学者の父、マーケッターの母、普通の高校生の主人公、腹違いの可愛い妹の構成で父が働いている南米G国(ガテマラ?)に家族で遊びに行く。そこで古代遺跡を巡るためにヘリコプターに搭乗するもその途中に密林に投げ出され、密林に点在する古代遺跡の復活の儀式に巻き込まれ、その儀式に果敢に挑戦していく。復活の儀式は内戦とリンクしそのリーダーは革命軍のリーダーでもあった…。
 随所に出てくるサバイバル術などが面白い。子どもたちが挑戦するさまはメイズ・ランナーみたいな感じかな?情景描写も的確なので、読んでいても飽きない。おすすめ。

書評: 宇宙と宇宙をつなぐ数学

ITU 理論の本

書評: カレーライスの唄

読了。
 実は阿川弘之の小説は初めてだったりする。さすが大家だ安心して読める。
 全く本書には関係ないが、自分自身は新しい単語を見つけると興奮する。実は50過ぎて見つけた言葉に「電停」がある。多分、関西方面の方には笑止だろう。これは市電の停留所を指すらしい。都内では荒川線を除いて現存していない、もう随分前に都民にとってはオワコンになっていたのだ。自分自身は「電停」という言葉を使ったことがないし聞いたこともなかった。本書の中でも、「都電の停留所」なる言葉が出てくる。縮めれば「電停」になるのは一目瞭然だが、使ったこともないし聞いたこともないのだ。
 やっぱり、電停は市電限定なのか都電では使わないのかw?
 「電停」を普段使いの方、教えてください。

書評: 王国への道