Category Archives: book

書評: 健康帝国ナチス

元々の題名は「The NAZI war on Cancer」なので、題名と内容に若干の齟齬がある。

書評: ガウディの伝言

サグラダ・ファミリアの主任彫刻家:外尾悦郎の著作。サグラダ・ファミリアに魅せられた理由とガウディの取り組みを余すことなく述べている。

書評: 天才の栄光と挫折

 天才数学者たちの業績と人生について述べた本。筆者が当地を訪れた時に感じた空気が伝わってくる。

書評: シークレット・レース

 ランス・アームストロングが「ただ、マイヨ・ジョーヌのためでなく」を著したのと同様にタイラー・ハミルトンはこの「シークレット・レース」を著した。ドーピングの知識がない頃は「クスリをやってもランス・アームストロングの7連覇は称賛されるべきことだろ?」って思ってたけど、この本を読んで考え方が少し変化した。

書評: 現代アートとは何か

マルセル・デュシャンを覚えておくこと

書評: 盲目の時計職人

リチャード・ドーキンスの作品

書評: 秘密

東野圭吾の作品:ちょっとホロッとなる。

書評: ここは退屈迎えに来て

書評: Beatless 上・下

書評: あこがれ

 川上未映子の作