Category Archives: Trading

python 環境設定

workon env2 にて、python 用 virtual environment を立ち上げた後で、 以下のコマンドを実行

株価を求める

 ruby のスクリプトで適当なものはないかと、物色していたらここにあたった。ライブラリを駆使して、短く綺麗にまとめてある。やっぱ、出来る人が書くと違うね~。
 これを参考にさせてもらって、このループの中を色々と改造してみようと思う。まずは配列に収めてから、時系列に降順に取り出すようにしてみる。配列に収めれば、あとは思いのままに計算式にぶち当てることが出来そうだ。

指値の決め方

 指値を決めるためには、過去の株価や出来高などを元に何らかのロジックを使って計算させる必要がある。今日はその過去の株価を取得するためにスクリプトの開発に着手した。
 ステップ1:
 dealerVolumeCompareDBYDAY.rb
 を用いて、翌日の推奨銘柄を算出する。その時の出力ファイルは tryYYYYMMDD.txt とする
 ステップ2:
 getStockPriceHistory.rb
 を用いて、推奨銘柄のそれぞれの過去の株価を Yahoo ファイナンスから取得する。
 ステップ3:
 ステップ2で求めた株価から、目標値を算出する。
 ステップ4:
 ステップ1の結果とステップ3の結果を合成して、rssYYYYMMDD.csv を作成する。このファイルは OOo に対応した、RSS のファイルである。
 ステップ5:
 tryYYYYMMDD.txt から、マケスピ用の msYYYYMMDD.csv を作成する。このファイルはマケスピの「投資情報」→「ザラバ情報」に対応したフォーマットである。
 ステップ6:
 マケスピ起動
 RSS 起動
 OOo 起動
 マケスピから msYYYYMMDD.csv を開く
 OOo からrssYYYYMMDD.csv を開く
 まぁ、こんな感じなんだけど、「ステップ3」が難しいんだよね。

楽天RSS Generator

 自分なりの売買ロジックが完成した。楽天 RSS Generator はオリジナルロジックから抽出した銘柄を OOo の表形式に変換する。同時に DDE の設定項目や売買条件をロジックとしてセルに展開する機能を装備している。現在、評価中。

データベースの設計

 個人で使うものなのでけっこうまったりやっています。先のデータに加えて毎日の4本足と出来高をアップデートしようと考えております。まずは「トレンドフォロー」型のアルゴリズムを組んでみようかと。
 それを元にマネスピのザラバ情報 CSV ファイルを生成させます。

avex 株主総会

Avex ホールディングス株主総会
 すでに損切りのために放出してしまったが、株主総会の通知が来たので出席してみた。元々、ここの会社の株主になったのはこの「株主総会」に参加するのが目的である。Avex の株主総会は総会終了後に所属アーティストが参加してのコンサートが行われるのだ。今回は第22回、前々回の第20回はかなり盛大だったと聞く。今回もかなりすごいことになっている。場所は埼玉のスーパーアリーナ。横浜からの出陣なのでここに来るだけでかなりの遠出だ。入場開始は9:00からとりあえず、8:00に着くようにしたがその時点でかなりの行列になっていた。入場は予定通り、9:00から始まった。自分は9:20くらいに入場出来たであろうか?最終的に完了するのは9:40くらいだった。株主総会が実際に始まるのは11:00からなのでけっこう時間がある。規模としてはちょっとしたコンサート並みだ。
 
 まぁ、決算の報告とかは通知書を見れば大体わかるのでこれはいいとして、面白いのは「質疑応答」である。お約束通り、「総会屋チック」な人が出てきたりした。でも、法律が変わったりしてこういう類いの人は「絶滅危惧種」だよな。他のお約束としては、「路上ライブ」についての質問とか色々あった。こういうライブ的なものは得意な会社かもしれないな。でも会社の説明では「ライブに関わるビジネスの会社の売り上げに占める割合はそんなに大きくない」みたいだけど。でも、ライブの時間が近づくにつれて、株主の平均年齢が下がるのは面白いね。明らかに子供が居るし。こういうのは単位株をとりあえず、譲渡したんだろうなぁー。って感じ。
 
 パフォーマーが変わるたびにビデオでの事業の紹介とか関連商品のプロモが行われる。 
  参加アーティスト
   前半
   倖田來未 x 2
   GirlNextDoor x 2
   Alan x 2
   Eliot Yamin x 3
   Acid Black Cheery x 2
 
   後半
   Blueman Group
   水谷豊 x 2
   SEAMO x 2
   mihimaru GT x 2
   大塚愛 x 2
 
 けっこう、売れ線のアーティストが出てかなり盛り上がった。avex を含めたエンターテイメント関係に興味があり、趣味であれば底値で買って長期保有しておくのが良いかもしれない。毎年、楽しめるのであれば5年、どんなに時間がかかっても10年あれば元がとれる。

RSS on OOo in VirtualBox

 VirtualBox 下で OOo が正常に RSS を受信出来ていることが確認出来た。これで MBP でどこでも開発ができる体制が整った。けっこう苦労した甲斐はある。さぁー、バリバリ開発するぞ!!

これでいいじゃん!!

 最近の暴落ですっかり意気消沈してしまったが、楽天RSS に移行するための準備は着々と進めている。今後はこの手のシステム開発を行うことが多くなると思うので、様々な環境で作業が出来るように環境構築を行っている。
 主力マシンはMacにスイッチして久しいが、楽天のマーケットスピードとそれらの周辺ソフトウェアの動作環境は Windows である。今迄は BootCamp 環境で Windows を使っていた。使うと言うほど使ってはいなかったので、先日バージョンアップされた VirtualBox を使うことにした。現行の Windows を入れても面白くないので、Win7RC を入れてみた。驚いたことに VirtualBox のインストーラでは Win7 は既に選択可能になっていた。Win7RC は無事にインストール出来た。
 次にマーケットスピードのインストールだ。これも特に何の設定もなしにインストールしてログイン出来た。
 OpenOffice は VBA もある程度対応出来るバージョンが Novell を中心となって開発されている。あまり使う気はないが、VBA の資産は無視出来ないのでこれが使えるバージョンに変更した。現在、テスト中である。RSS での実際の動作はザラ場中でないと確認出来ないので、早い段階で動作確認は済ませておきたいと思う。
 OpenOffice はクロスプラットフォームなので、RSS によるデータの入力と発注という出力以外のロジック部分の開発は OS を選ばない。先に入出力系を決めたいと思う。

楽天 RSS のサンプル

 楽天証券に RSS のサンプルがある。これは Excel で書かれているのであるが、試しに OOo 3.1 で読み込ませたところ何の問題もなく開くことが出来た。これでまたシステムトレードに一歩近づいた。
 今考えているアイデアをもう少し温めてみようと思う。

楽天RSS & OpenOffice.org 3

 楽天RSSを OOo で利用されている例としては、こちらがあるが OOo のバージョンアップ?に伴い変わったようなので、確認しておく。
 =DDE(“RSS”,”4776.T”,”現在値”)
 となっているが、そのままだと「エラー:508」が出てしまう。これはカッコ内のエラーである。カッコの中の「,」を「;」に変えれば OK !
 色々と出来そうなので試してみる。