Category Archives: mysql

docker が少し判ってきた

mysql:
 今のシステムはmysqlが必須だが、今までのように適当にインストールするとすぐにmessyになってしまうので、dockerを活用しようとがんばってきた。とりあえず、素のmysqlをダウンロードしてきたが、utf8のキャラセットを使いたいので色々とインストールを試みるも一発目はエラーで終了してしまう。dockerってそういう状態になると、それ自身でデバッグ出来ないし立上りでこけるとアタッチも出来なくなるから、ちょっと困る。で、注意深く再構成したら起動するようになった。これからはこれを常用するようにする。

pythonのバージョン:
 サーバの方でmysqlが動作するようになったのはいいんだけど、それとクライアントが果たしてつながるのか…?前に使っていたのデータをexportしてサーバ側に移して、それを再設定したmysqlで読ませたら問題なく読み込めた。そのサーバのデータをクライアントから参照するのも、host設定を加えるだけで動作した。でも、ここまではpython2.7の話。python3.5でやるためにはmysqlのコネクタから始めないといけない。ちょっとやってみた限りでは動作はイマイチ。さて、どうしたものか…?2.7でこのまま開発を続けるのか?あるいはコストを今払って、3.5に移行するか…?悩みどころではある。

治具
 Theta Sを車載したくて治具の見積もりを業者に出した。想定よりかなり高い価格。以前に「英数/かなキーボード」のケースを試作してくれた業者さんに見積もり依頼してみた。きちんとこちらのターゲット価格でやってくれそう。明日、打ち合わせして問題なければそのまま入金。早速作ってもらう事にしたい。

ruby + mysql on Macintosh

 mysql のサイトから最新版を入手して、インストールしてみた。問題なくインストールできたし、mysql のシェルからの操作も問題ない。ruby から mysql.rb を利用するとなんかうまくない。
 なんか、パスワードの設定が古いみたいで以下の操作を mysql のシェルから行って無事に動作するようになった。
 set password for ‘user’@’localhost’ = OLD_PASSWORD(‘password’);
 結構、手こずりました。少し、開発を進めてみます。

でっきるかな?

 株の各種のデータが載っているサイトを組み合わせて、それをデータベースに格納する Ruby スクリプトを書いてみた。この基本的なデータは
 コード、市場名、業種、単元株数、銘柄名
 を格納する。これらの項目は生の「株価」と違い、比較的変化しにくいものである。単元株数を求めるのは実際に購入するといくらになるかを算出するためである。コードをキーにして、他のデータと連動して使うのが次のステップである。これにより、マネーマネージメント(マネマネ)と出来高、株価推移を加味して銘柄を抽出する。
 少しまとまってきたら、公開します。

Ruby, VC++

 どちらからもアクセスが出来るようになった。ruby ではレコードの読み書き、VC++では読み出しが可能だ。まぁ、インターネットに詳しい解説があったのでそれを使わせてもらっただけだけど…。
 そろそろコンポーネントが良い感じで動作してきたので、インテグ作業を始めようと思う。

MySql install

 Windows, Macintosh にインストールしてみた。Mac はインストールして、起動と終了方法の確認をしただけ。Win 環境でごちょごちょ、いじくりだした。けっこう、いろいろと出来そうだよ。今のところは基本的なデータの操作をシェルから実行中。
 とりあえずの目標は Ruby でのアクセスとDBを介しての他アプリとの連携。Ruby で作成した CSV ファイルを喰わせてみることにする。

MySql

 とりあえず、インストールして始めてみることにした。こういうのは芸風ではないと、今迄放置プレイだったが、そうも言ってられなくなってきた(と思う)。まぁ、PC 一台で出来ることは色々とあると思うので、少し基本的なことにじっくり取り組んでいこうと思う。まだ、ほんの少しだけ時間はあるはずだ。
 インストールと起動確認は出来たので色々と実験してみる。