Category Archives: Study

python hack と前のメンツと飲み会

 今まで作っていたpythonのスクリプトのリファクタリングを行っている。先日の設定でデータベースのサーバサイドへの集約が完了したので、後はクライアントからそれを使うための仕組みを構築している所である。その第一弾としてスクリプトの部品化がある。色々な部品を組み合わせてブロック感覚で処理が出来るようにしたい。Webマスターは最近はほとんどゲームをしないが、ゲーム感覚でそういうソフトが組めるのが目標である。少しだけ近づいた気がするし、継続は力になるので進めて行く。

 もう一つのトピックは久々に飲み会した事。Webマスターは横浜在住だ。幸運と言うか不幸と言うか、拙宅周りには多数の飲み屋がある。チェーンなどではなく個人営業のいかした飲み屋たちだ。適価で楽しめるので、週末ごとに行くし新規開拓も怠らない。そんな手持ちのカードの中から、大人数用の飲み屋に行ってきた。ホルモン焼き屋で大の男が飲み食いしても、5,500円で楽しめた。最初に転職した会社の連中とは定期的に会っている。最初のチャレンジをした時の仲間なので、気の置けない連中だ。自分自身は今は少し大変な時期だけど、励ましてくれたのがありがたかった。少しずつ前に進んでいこうと思う。

いんちき商材の見直し

 2015年頃からチョボチョボと開発を始めた「インチキ商材」であるが、年が変わったので新たなデータを作り始めた。
 データ作成の流れとしては

  1. dbAccess.pyを実行して table_close_price_xxxx_yyyy を作成する
    xxxx は銘柄コードで 1000-9000が入る。yyyyは西暦の年。今年だったら2017がはいる。
    コード中の
    startColにxxxxを設定し、startYearにyyyyを設定する。つまり、
    startColを1000-9000まで設定しながら、スクリプトを9回回す。

  2. storeClosePricePeriod.pyでデータベースに終値を格納する
    コード中の
    start_year = yyyy
    start_month = mm
    start_day = dd
    end_year = start_year #一年づつのテーブルなので
    end_month = mm
    end_day = dd
    を設定して、実行する。

アンドロイドの調べモノ

 とりあえず、RIL について調査中。色々な実装があるな。