Monthly Archives: January 2008

Red Books

 絶滅危惧種に関係ありそうな感じだけど、これは IBM が出している資料のこと。White Paper に対抗しているのかな?
 こんなのをダウンロードして印刷してみた。全部で600ページくらいあるんだよ。すごいボリューム。近日中に読破しようと思います。

これだよ。

 こんな記事を見つけた。
 稼ぐだけ稼いで、働く必要がなくなるとこういうこと言うようになるのかな?
 #でも、まじレスペクトしてますよ。

やっぱ、こうでなきゃ!!

Adaptor


 それほど、うまいコーヒーを飲みたくないのであれば、PCを持っている時はマンガ喫茶に行くことが多い。そこで自分のPCを広げて作業開始なわけだ。ミク友では、USBメモリのみを持ち歩いていて、そこにすべての環境を入れ込んでしまっている強者もいる。
 ウェブマスターのようにハードの工作も行うものにとってはシステムのコンフィグも必要になるので、上記のようなわけにはいかない。必然的に自分のPCを使う必要が出てくる。
 で、マンガ喫茶なわけだけどコンセントが使える場合なら問題ないけど、たまにPCの電源のみだったりする。コンセントが自分のブースに見つからないことが多々あるのだ。そこで開発したのが写真のアダプタ。探せば売っているのかもしれないけど、探すのが面倒くさいので自作してみた。
 マンガ喫茶に置いてあるPCは大抵、デスクトップなので電源ケーブルは確保できる。でも、それを受けるケーブルが無かったので使えなかったのだ。
 制作上の注意
100Vを扱うので、感電には十分に注意しましょう。

長浜ラーメン

 最近、仕事が忙しく開発に割ける時間が減ってきているので、生活臭が漂うブログになってきたのがちと悲しい。九州出身の業者さんと仕事をしているので、色々と九州ネタを仕入れている。
 九州ラーメンと言うと、トンコツベースのがつんとしたパンチの効いた感じのラーメンを想起する。九州男児みたいな感じ?で、ベースがわからないので彼に色々と聞いてネタを集めている感じだ。
 で、一発目の九州ラーメンは不発/不興だったので、二発目でなんとかこんな感じってのがつかめた。
 でも、話を聞くと九州面白そうだな。女の子が方言を話すのが萌えるのだ。
 いやだな、こんな男は。

気持ちのいい対応

 小生の普段使いのケータイは、E61スペシャルである。UI は使い慣れたS60なので便利だ。ケースは Krusellのカブリオレを使っている。 最初はキツキツだったけど、馴染んできてかなり良い感じになってきた。先日、このベルトのバックルの接合部分が壊れてしまった。この手の部品はどこかを弱めることにより破断が全体に波及することを防いでいる。いわゆるヒューズの役割をしているわけだ。
 これだと、バックルに付けられないのでパーツ単位で買えないかどうかを問い合わせてみた。事情を聞いた Kurusell のほうで、一個送ってくれることになった。あまりにも気持ちのいい対応だったので、ウェブページを見ていたらそのまま衝動買いをしてしまった。鞄の把っ手にケータイを固定させるアダプタだの予備のバックル接合部品などだ。
 接合部品はその把っ手のアダプタにも付いてきたので、都合5個になってしまった。でも、一個は同僚から借りたので、返す予定。
 でも、4個もいらないよ。壊さないように大事に使います。

アプライアンス

 PLAYSTATION3 Linux をベースにしたウェブシステムが稼働し始めた。外部に公開するわけでもない自分たちだけのシステムだが、動き出したことは大きい。可能な限り動作させてみて、問題点を洗い出すのだ。これと今開発中の SPE のプログラムを組み合わせたシステムが完成形である。みちのりはかなり長いけど、はじめの一歩はどんな長旅にも必ずあるのだ。
 色々とやることは多いけど、少しだけ列記してみる。
 1.固定 IP の取得による外部からのログイン
 2.本格運用
 とりあえず、フレームワークの理解からはじめるのだ。

Mixi 飲み

 ミク友のイタリア人ヲタクのフランキーとJulie ちゃんと渋谷で飲んだ。面識はあるけど、飲みは初めてなのでかなり楽しい。でも、俺の方の仕事がかなりてんぱっていてなんか中途半端だったのがくやまれる。それに向こうにとっては東京は away なので、今度はこっちが遠征したいなと痛感した。
 でも、フランキーは本当にヲタ(褒め言葉)だし、Julie ちゃんは芸能人やっていたくらいだから、オーラ出まくり。ちょっと、小ネタを仕入れて遠征に備えようと思う。

読書の時間

 原稿書きの良いところは、様々な出版社や編集部と懇意になれて、献本していただくことも出来るようになるところだ。
 最近ではネットで色々な情報が手に入るようになって来たけれど、書籍のようにまとまっているのは可搬性と信頼性の面から好ましいのだ。
 最近は組込み関係で翔泳社さんと付き合わせてもらっている。組込みzine に寄稿している。
 http://kumikomizine.jp/
 組込み関係の仕事とは別に最近の個人的な興味はウェブプログラミングである。Rails, mysql などは避けて通れないのだ。
 「Xen 徹底入門
 オープンソースの仮想化技術である Xen の説明を行っている。ディストリも4種類ほど対応しているので、自分の環境に合わせて、設定すれば良いと思う。今一番興味のあるところはこれで、夢を見れるかどうかなのだ。
 「現場で使えるMySQL
 月刊DBマガジンの連載である「本気で取り組むMySQL入門」を一冊にしたものである。小生のようにデータベースに関して、現場経験の少ないものにとって非常にありがたい一冊だ。
 「MySQL 辞典
 リモートで操作していて時々、こんな操作をしてくださいと言われるときがある。そんな時にこの本で素早く繙くと自分が何をやっているかどうかすぐにわかる。まだまだの自分にとっては大変、ありがたいのだ。
 その他の本に関しても、これから色々と紹介していこうと思う。

システムとしての性能

 PS3をホストとして、ウェブサービスを提供できないかを考えているんだけど、PCとしての実力は??って感じ。やっぱり、ゲーム機としてのピーキーな性能を使いこなすのは難しい。2.5inch のハードディスクではデータベースなど定常的な処理に置いて、足回りの処理でかなり差が出てしまう。速めのデバイスとそれなりのメモリと CPU がやっぱり必要な感じ。
 PS3でサービスさせるのはハッカー的には美しいことだろうと思うんだけどビジネスとしてはどうかな?もう、そんなにやんちゃなことはできないし。
 しばらく使ってみてから検討してみようかと思います。

BS, DEL の設定

 Linux で往年の VZ エディターと同等の動作をする ne エディターを使い始めたわけであるが、一カ所だけ気に入らないところがあった。
 BS, DEL キーの設定であるが、これがデフォルトだといまいちだった。色々と調べてみると、Macのターミナル(PS3 にはMacから SSH 経由で入っている)の設定が問題だとわかった。
 CTRL-H の設定をイネーブルにすることでこの問題が解消できた。
 少しづつ、環境を整備していこうと思う。