Monthly Archives: January 2009

捨てたもんじゃない

 先日、落とした定期券が手元に戻ってきた。スイカは使わずに未だに磁気定期券を利用している。スイカはどうだか知らないが、最近の定期券では名前や年齢以外に電話番号などの個人情報を入力する必要がある。いつもはテキトーに入力しているのであるが、今回に限ってマジメに入力したのが奏効した。
 職場近くの警察署から連絡があり、無事に手元に戻ったというわけだ。
 滅多になさそうなことだ。吉兆(瑞相といった方が良いかな?w)にしたい。

久々の

 横浜のそごうで行われている白州次郎と白州正子の展示会「迷わぬ二人」を見てきた。白州次郎は少し前からブームだが、白州正子のほうは次郎ほど知られてはいないと思われる。日本の古美術品の収集やその活用には溜息が漏れる。その二人の足跡や武相荘での生活の様子を展示したものである。
 お金持ちが成金にならず、センスよく生きるためにはどうすればよいかを体現したような人物である。また、それを60年以上前に行っていたことには畏怖の念すら覚える。
 22日までなのでお早めに。

心機一転

 部屋の片付けをした。今までに開発したゲームボーイ関連の作品は全部捨てた。かろうじて、ULA などの USB 関連アイテムが残っているだけになった。これらの作品は俺に色々なものを与えてくれた。捨ててしまうのは身を切られるようなつらさだけど、次の課題に挑戦するためには仕方のないことだと思っている。
 捨てたのはこれらの作品だけではない。硬軟取り混ぜて保管してあった DVD も捨てた。今後はMac関連の開発とロボット関連の開発に注力するおれの決意なのだ。

検討項目

 録画しながら ffmpeg でエンコに挑戦しているが、大抵録画にしくる。この2つを同時にこなせると録画したての番組を翌日にすぐに持ち出すことが出来るので調子が良い。と言うことでこれを実現するための方策を検討してみる。
 1. スレッドの優先順位を上げる
 →録画のスレッドの優先順位を上げて、とにかく録画が行われるようにする。
 2. 非同期I/O のバッファ容量の増加
 →現在のバッファ容量を増やして、突発的な事象に備える。
 ffmpeg はこつこつ動作しているから「1」の方が効果的な気がする。明日以降、試してみることにする。

普通に録画できるようになりました

 スレッドの見直しを行うことで普通に録画できるようになりました。ただ、ffmpeg を用いた再エンコを行っている時にしくる時があります。バッファの容量を見直したり、スレッドの優先順位を上げてみようと思います。少なくとも録画中は ffmpeg の複数起動は難しそうですね。

朝起きてみると…

 落ちずに無事に録画を終了していた。スレッドの終了時の処理をシーケンシャルにおこないスレッドセーフな構造に変更したのだ。なんのことはない俺がリファクタリングする前の状態に限りなく近づいた。やっぱり、オリジナルの作者はすげーな。
 継続して録画を敢行する。どれ位安定しているかを調べることにする。年もあけて新番組がかなり増えてきた。でも、アニメや紀行番組、NHK スペシャル以外は見る気がしないな。BSの昼間の番組はほとんど韓流ドラマなんだね。在宅率が高いやや年上の主婦層をターゲットにしているんだな。番組が先か視聴者が先か…。韓流ドラマの出演者が来日した時にババァが大挙して空港に押し掛けるわけだな、これは…。

勝利の方程式

 なんのことはない、何もせずに録画動作に専念させれば結構安定して録画できるみたい。負荷を与えると録画途中でも落ちまくる。

最後の一日

 今日で長かった冬休みも終わった。年末から今日まで18日間の連休だ。あり得ない長さだったけど、まあ溜まりにたまった有給の消化もあったし、年末は公私ともに忙しいのであっという間だった。明日から通常業務だ。
 とりあえず、開発も少し進んだのでよかった。今年はどんな年になるんだろうか?

瓢簞から駒

 ブラウザから iEPG ファイルをクリックすることにより、McCapFX2Scheduler に直接取り込めるようになった。これで使い勝手も向上すると思う。
 NSTask を使えるようにしなければ!!

NSTask

 McCapFX2 の動作自体は完全とは言えないが、だいぶ安定してきたのでここらで新機軸の追加を考えている。
 PunyVid で現在、録画した地デジ・BSデジタルの再エンコを行っている。録画した *.ts ファイルをそのまま喰わせられるので一発で変換できる。音ズレもほとんど気にならないので良い感じである。この中で使われている ffmpeg を抜き出して、録画終了と同期させて再エンコをスタートさせるのがこの新機軸なわけである。
 そのために必要な修正は
 McCapFX2Scheduler が録画ファイルのファイルネームを認識する必要がある。現在、録画ファイルネームは McCapFX2 が現在時刻から生成している。つまり、Scheduler のあずかり知らぬところでおこなわれている。認識するための実現方法を検討として、
 1. ファイルネームを Scheduler で生成して、McCapFX2 に教える
 これが一番、今後のことを考えると応用が利きそうである。が、インパクトがでかい。
 2. ファイルネームで使う時間を時分までにする
 インパクトは小さいが、今後の展開を考えるとさらに結局、1の修正が必要になる可能性がある。
 さらに ffmpeg を動作させるためには NSTask を理解する必要がある。目標はスケジュールテーブルの最右端にある Post Process に変換の様子をプログレスバーで表示することである。
 とりあえず、NSTask の動作をおこなう小さなプログラムを書いてみようと思う。