Monthly Archives: October 2009

Joy Stick の解析

 Mac に接続されている JoyStick (Wise Corp. GameCube to USB )の解析をおこなった。自作のソフトにて HID のレポートを提出させて、そのダンプリストを解析した。解析結果は以下の通り…
Not pressed
0e e9 00 00 df cf 03 00 00 80 7c 82 7d 81 1d 23 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 de 9f 72 7d
Button-A
49 e9 00 00 e3 93 04 00 (01) 80 7c 82 7d 81 1d 23 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 7d df 0a ab
Button-B
72 e9 00 00 41 1c 05 00 (02) 80 7c 82 7d 81 1d 23 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 46 9e 3f dd
Button-X
ca e9 00 00 33 3e 06 00 (04) 80 7c 82 7d 81 1d 23 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 dd 1f ef 6b
Button-Y
e5 e9 00 00 51 99 06 00 (08) 80 7c 82 7d 81 1c 23 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 4d cb 66 f7
Button-Z
f1 e9 00 00 a3 be 06 00 (40) 80 7c 82 7d 81 1c 23 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 02 0d 97 35
Button-L(Digital)
fe e9 00 00 27 eb 06 00 (10) 80 7c 82 7d 81 e6 26 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 15 12 e4 b1
Button-R(Digital)
12 ea 00 00 1f 2c 07 00 (20) 80 7c 82 7d 81 1d e7 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 c2 e2 bd 49
Button-Start/Pause
93 ea 00 00 b7 d7 08 00 (80) 90 7c 83 80 80 00 00 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 0b 2e 7a 6a
Analog -X-
a4 ea 00 00 cd 11 09 00 00 80 (dc) 81 7e 80 1d 24 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 0e 9f fa e7
Analog -Y-
c0 ea 00 00 4f 6f 09 00 00 80 85 (28) 7e 80 1d 24 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 66 a4 b0 27
Analog -L-
f7 ea 00 00 07 25 0a 00 00 80 7c 83 81 81 (c9) 22 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 e4 47 f1 0e
Analog -R-
0f eb 00 00 87 73 0a 00 00 80 7c 83 81 81 1e (26) 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 8c 8d 01 b2
HatSw (CrossKey) – Neutral
1d eb 00 00 4f a3 0a 00 00 (80) 7c 83 81 81 1e 26 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 d7 5a df 42
U – 00, R – 20, D – 40, L – 60
Analog -X- (Right Side)
55 eb 00 00 e1 5c 0b 00 00 80 7c 83 (28) 84 1e 26 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 2d 5d 3f 33
Analog -Y- (Right Side)
76 eb 00 00 35 c8 0b 00 00 80 7c 83 8c (d1) 1e 21 1c 00 00 00 1e 00 00 00 1c 00 00 00 84 e7 8c 9f
 この手法を用いれば、色々なジョイスティックをMacに接続出来そう。鉄騎かなやっぱ。w

アクリル板の発注

 ノートPCのアームを購入し、エレクタにビルトインしたのは先日のブログのとおり。PCの横に iPhone とかのちょっとしたものを置きたくなったのでアクリル板を発注してみた。今の発注システムは面白いね。フラッシュのソフトでパラメータを入力していけば、それで発注が出来てしまう。まだ、発注の受付システムは中の CAD とは連動していないと思うけど、それが出来るようになったらかなりのものだな。14日に発送らしいので、到着したら写真をアップします。

Ergotron と Erecta に取り付ける治具

 こんなのを作ってみた。

 最近はメカ部品がマイブーム。なんか、工作に現実逃避しているキライがあります。

ChameleonFX2 の Mac 用のフレームワーク

 ChameleonFX2 はキラーアプリがデジタルテレビの録画なんだけど、それ以外にも結構使い道が多そう。Windows 用のは Optimize が簡単なのを用意しているけど、あれだと GUI が少し使いにくそう。俺の方はメインの環境をMacに移してしまったので、あまり Windows は使っていない。と言うことで、Mac用の環境を作成中。
 現在までに出来たことは…、
  対応ファーム spd_chk を SDCC に対応。(ただし、renum まで)
  上記を呼び出す、ホストソフトウェアをMac用に開発
 CPLD の RTL は現在、検討中。

MediaCoder Version up

 テレビ番組を録画して iPhone で楽しんでいるが、今まで使っていた MediaCoder の CUDA が期限切れになってしまった。なんかエラーが出力されてしまってびっくりした。新しいバージョンが出ていたようなのでそれをインストールしたら、問題無く使えるようになった。年度の代わりは注意が必要ですな。
 現在、エンコード中。まともに使えると良いのだが…。

FTDI 245 じゃやっぱだめだ。w

 500KHz 位まで問題無く波形は出力出来たが、逆に低い周波数だと間延びした感じになりバースト波みたくなってしまう。波形の連続性に依存するステッピングモータではこれでは使えない。
 亀FX2の利用を再検討することにする。