Monthly Archives: February 2010

PIC 開発

 PIC のソフト開発がようやく一段落。思ったより時間がかかってしまった。見積もりが甘いのはいつものことなので…。久々に「クロックを削る」作業を行った。
 条件ジャンプのロジックを精査して、一命令でも削れるところは削る。
 SFR のレジスタ切り替えで依存性の無い部分は適宜入れ替え、切り替え時間を削る。
 こんな感じで削っていったら、NOP を入れないとタイミングが合わなくなる位に削る事が出来た。wこれも C で開発せずにアセンブラで開発したからだろう。PIC の直交性のない変態アーキテクチャも 4bit の CPU での開発を手がけた事のある Web マスターから見ればどうということはない。
 PIC (含むアナログ回路)
 ケータイアプリ
 PCアプリ
 Web アプリ
 どれも中途半端に組めるようになった。後は結合だな。

PIC Writer

 Windows の環境は Macintosh 上の Virtual Box に移行してしまった。Virtual Box で、秋月電子の PIC Writer を動かしている。現在のバージョンでは古くて、ファームウェアのバージョンアップを試みたが、失敗してしまった。ブーターを消してしまうのはよくある事だ。と言うことで、少しネットで検索すると似たようなヒトが他にもいた。そのページを参考になんとか復活した。ジグを製作したのでそのジグは次の失敗に備えて、とっておくことにしよう。
 懲りずに Win on VB in Mac で再びトライしてみた。今度は所望の *.hex ファイルが所望の PIC に焼く事が出来た。MPIDEも動作するので、しばらくこの環境で開発しようと思う。

iPhone ソフト

 現在、実装中のはとりあえず終了した。大体、一週間くらいで基本的なカタチができ上がったことになる。まぁまぁのペースだ。今回は CoreAudio を使ってみたが、CoreAudio の更なる応用が閃いたのでそれの実験を色々と準備しているところだ。もう少ししたらだいぶカタチになると思うので、その時にでも Web で告知する予定。