Monthly Archives: August 2010

経年劣化

 エンジニアをやっていれば、表記の言葉は何度も口にすることだろう。最近は自分自身に対して、この言葉を発することが多くなってきたようだ。先日の blog で iPhone3GS のケースを購入したことは既に述べた。iPhone は 3GS からは電子コンパスを内蔵している。この電子コンパスのキャリブレーションは「8の字を描く」ことにより行われるが、小生は使うたびに「8の字を描く」行為を繰り返していた。iPhone を使っている人は多いけど、この行為をしている人をついぞ見たことがない。
 少し前から、新しいケースを買うために色々と調べている。自分のケース(の評価)も調べてみた。最近は少しモデルチェンジして使われているパーツも変更されている。「磁石からベルクロ」に変えて蓋を留めているのか…高級感が失われるな。調べた当時はその感想しかなかった。先日、さらに色々と調べてみた。使われていた磁石は 3GS の内蔵コンパスに干渉を与える恐れがあります。ナント…、そういうことだったのか!ケースは2年間、3GS に替えてから1年以上が経つのに全く気づかなかった。
 以前の自分では当然気づくと思っている。これを「経年劣化」と言わずしてなんと言おうか?果たしてこれが小生の実力なのか?「経年劣化」なのか…。推移を厳しく見守ることにする。

夏休みの工作

 iPhone 3G の発売直後から使っていたケースがかなりへたってきてしまったので、新しいのを色々と物色してみた。使い方のスタイルとして、カラビナのようなものでベルト通しにぶら下げるのが自分のスタイル。で、今までは Tuneware のヤツを使っていたわけだ。似たようなのは微妙に無くて、色々と探しているうちに SHINNORIE というシンガポールの会社でパターンオーダーのケースを作っている事が判った。で、早速発注。送料をけちったので、到着にはしばらくかかるみたい。まぁ、しょうがないね。気長に待つ事にしましょう。でも、このケースこのままだとぶら下げる事が出来ないので、別途ナスカンを調達してぶら下げる様にするつもり。これが、夏休みの工作の第一弾。でも、どんだけ軽い工作なんだよと一人突っ込み。リング付けるだけだからね。実際のところは…。
 で、第二弾は最近、購入した NEX-5 のストラップ改造。これは NEX-5 関連で色々と検索しているうちにたどり着いたサイトで紹介されていた方法。でも、そのサイトではストラップをぶった切ったりしているので非可逆改造が怖いヘタレな web-master はもっとソフトでダレにでも出来る工作を行います。上記のナスカンはこのストラップ改造を行うための手芸屋で取り扱っているので購入する事にしたのだ。
 まぁ、最近は本業の忙しさにかまけて何もしていないので、リハビリ代わりにやる事にしよう。改造の様子は別途ページを設けて解説します。