Monthly Archives: April 2012

ゆっくり休めた

 今日はほとんど自宅&周辺で用事を済ませたので、じっくり休む事が出来た。まずは図書館に行き本の返却と新しい本の調達。その足で定期の購入。自宅でコーヒーを沸かして、じっくり飲む。本もじっくり読む。GWで無ければ出来ない様な楽しみ方。この季節は本当に良いよね。
 夕食はみんなで王将に。本当に腹ぺらしが多い時は助かる。4人でしっかり食べても5千円でおつりが来る。

 しっかり食べて、しっかりやることをやるのだ!!

久々のアキバ

 懇意にしている編集部長とアキバに。気の合うヒトとのアキバ巡りは楽しい。電子出版について色々と聞く事が出来た。まぁ、まだちょっと秘密な内容なので書けませんが…。

標準化とオープン化とか、イーサネットのパケットの中身とか企業価値とか

 そんなのをやった。段々、本格的になってきた。楽しみだけどちょっと不安。

書評:中国共産党-支配者達の秘密の世界

 タイトルだけ見ると結構古めかしい印象だが、刊行されたのが 2011/6 なので内容的には最近の事が中心であるので、読みやすい。中国共産党の歴史(生い立ち)や政治指導の指針の変遷、序列やそれと対峙してきた人々の苦悩・葛藤などが描かれている。訳がこなれているので非常に読みやすい。中国の話題が最近は良く出るので、興味のある人にはお勧めの本である。

職場での出来事

 会社の全体ミーティング。某氏の講演が聴けた。あんまり、滑舌とか段取りとかは良くなくて、ただのオヤジだけどその道を極めた物が持つオーラは出ていた。面白かったですよ。

ネットワークの復習

 すこし基本的な所からおさらいしている。少なくとも、参照用として OSI の 7layers は言えないとまずいし、それに対応する TCP/IP の構成と代表的なプロトコルは言えないとマズイと思うのですよ。ちょっと、そらで書いてみる

 アプリケーション層:アプリケーション層
 プレゼンテーション層:アプリケーション層
 セッション層:アプリケーション層
 トランスポート層:トランスポート層
 ネットワーク層:インターネット層
 データリンク層:ネットワークインターフェイス層
 物理層:ハードウェア

まぁ、こんな感じ。

 あとは標準化などを少々。

書評:中国化する日本

 タイトルを見るとドキッとするけど、この本でも再三述べられているけど日本が中国に侵略されて、日本が中国になってしまう話では無い。グローバルの政治・経済の枠組みは既に中国の宋の時代に終わっていて、後はそれの焼き直しに過ぎない事が書かれていた。その対義語が「江戸」つまり、明治維新前の日本がその対極なんだと。まぁ、詳しい事は読んでみて下さい。3.11 以降に書かれたので、あまり違和感なく読めます。

MECE でやってみた

 会社のプレゼンマテリアルを作るのに、MECE でやりはじめた。と言ってもまだ、FreeMind で項目を抽出しているだけだけど。

今日の出来事

 地元で過ごした。図書館に行って、スパゲッティを食べてスタバで読書。とりあえず、ロジカルシンキングとロジカルライティングを借りてきた。頻繁に参照する事になりそうなので、bookOff でチェックしてみよう。

今日、やったこと

 標準化とオープン化、うまいことやらねば。擂り合わせ型とモジュール型。次はハイブリッド型かなぁ?
 TCP/IP のパケッタイズを詳しく解説してもらった。これはまさに仕事でやっているところだ。自分では理解していても、他人に説明する時は難儀しそうなのでこの資料は使える。
 BS,ISの読み方と数字の意味の確認。段々、難しくなってきたからちゃんとやらないとな。