Monthly Archives: December 2012

2012年を振り返る

 今年の最大のトピックは大学院への入学と退社した事だ。

 退社とかリストラとか自分とは無縁だと思っていただけに少しショッキングな出来事であった。こういうのは突然に来る事なのだなと実感したし、そうなるまでナントカなると思っていたけどそうでもない事が判った。もう一つ判った事は組織はそのリーダーの器以上にはならないと言うのも身をもって実感した。(自分はリーダーではありません。)
 会社が世話してくれる支援というのは良く確認した方がいいかも知れない。会社によってまったく違うからだ。自分はこの辺りを誤解してひどい目に遭ったような気がする。

 大学院への入学は本当に良かったと思っている。先生方を始めとして学友にも恵まれた。温かい指導と励ましが無かったら、8月以降は苦しかったかも知れない。本当に色々と世話になってしまった。自分のやるべき事がかなり明確になったので、それを実行する事が出来たし、おかげさまで奨学金までもらう事が出来た。この分は来年以降にきっちりとお返ししないといけない。学友も出会って良かったと思える人たちに何人も出会えた。転職とかの理由に今の会社が(実力的に)面白くなくなるというのがある。そのために転職してより実力のある会社やそう言うヒトと仕事をしたくなるというのがある。大学院はそんな感じでもある。

 読書は専門書以外に70冊以上、読む事が出来た。時間が出来たせいもあるけど、意識的に読む事を心がけたからだ。この習慣は来年にも持っていきたい。

 ソフトの開発は集中して行う事が出来た。ただ、リハビリ期間がかなり必要であったことも事実だ。これも勉強会の面々に助けられた事を肝に銘じなければいけない。

 仕込みとしては基板CADとメカCADを習得出来つつあること、ARMの開発環境をMacで構築出来た事が上げられる。これらは 2013年でより一層強固なものとして活用したい。

 健康面では去年ほどの事は例外としても体重も体調もソコソコにキープ出来たので良かった。来年はより忙しくなりそうだが無理をせずに乗り切っていきたい。

 なんとか無事に年は越せそうではある。来年の動きも既にある程度、固まっているのでそれを淡々と実行するだけだ。仕事と大学院が本格的に忙しくなりそうなので、カラダには気をつけて来年も頑張ろうと思う。

 今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

書評:この腕がつきるまで

 打撃投手という極めて特殊な職業の男達の物語。本書によると、プロ野球は環太平洋の国々にあるが、職制として確立しているのは日本だけという話。非常に面白いし、昔から野球を観ている古くからのファンには楽しめる一冊。

一族の忘年会

 年に一回だけ集まるけど、なんか年々寂れていくようだ。食事の内容も都市より臭くなってきたし、来年は無いかも知れないな。

大掃除

 大掃除を敢行した。年々、戦力が強化されていくので楽にはなっていくようだ。思ったより、楽に早く終わったのが嬉しい。終わった後は整体&銭湯。一年の疲れとアカを落とす事が出来た。特に銭湯ではサウナが併設されているので、かなりリラックス出来た。DCに力強く背中を流してもらったので名実ともにアカが落ちたと思う。良い気は来年へ、悪い気はアカと共に下水へ流したい。そんな気持ちにさせる一日だった。

サーバの設定

 ようやくサーバの設定が完了した。12/9, 12/23 にそれぞれサーバの設定を試みるもあえなく撃沈してしまったのだ。CTOがなんとかがんばってようやくセットアップが完了したわけだ。帰りに初めてのお店に行ってみたが、これが大当たり。かなり呑んで食べたが、適価に納める事が出来た。この品質でこの価格なら大満足というところだろうか?ちょっとずつ、風向きが変わりつつあるのを実感する。来年は飛躍の年にしたい。

久々の朝帰り

 昨日のクラス会の終了時には終電はなくなっていたので、DVDボックスで一晩を過ごした。そこから一日が始め、結局昼寝してしまったのでその日を無駄にしてしまった事に代わりはない。ちょっとつらいな…。何とかしよう。

友を見舞う

 ヲタ友の手術が終わったようなので、見舞いに行く。その帰りにプチクラス会があったので参加した。一部の友人とは半年ほど前に会っていたけど、他の何人かは30年ぶり位だろうか?大きく変わっているのもいたし、あまり変わらないのもいたな。

書評:奴隷になったイギリス人の物語

 この本を読むまで、白人が有色人種の奴隷になった過去があるとは知らなかった。しかも半端な期間や人数ではない。一説には300年近くもあり100万人もの規模だったという。この本には、イスラム系の海賊に拉致された「トーマス・ペリー」の数奇な運命の物語である。

Mac のパワーアップ

 SSD の換装を行う。付属のエンクロージャのトルクスがすでにナメナメ状態なので開けることができない。仕方ないので前日に実験のために作っておいた HDD からのバックアップを使うことにした。一応、うまくいったようだ。これで SSD がかなり強化されたのでしばらく闘えそうな気がする。

クリスマスパーティー

 外部のヒトを招待してのクリスマスパーチー。美味しいものが沢山食べられて良かった。今年も後少しだ。何とかして乗り切ろう。来年に対しての仕込みを行うのだ。