Monthly Archives: September 2016

書評:沈黙

 遠藤周作の原作である。マーティン・スコセッシが監督になり映画化されると言うので読んでみた。淡々と物語が進む。

書評:2025年・日本の死

 20年以上前の本。ほぼ、発刊と同時に読んだ。日本が核軍備したり、雅子様が皇族を仕切るなんて描写が出てたりした。今がどうなっているかは…。その時に予測されたのよりもっと悪くなっている面もある。一つだけ言えるのは情報化革命で生活が激変した事だ。これは様々な先人が誰も予測出来なかったことである。本書も例外でない。
 2045年にはシンギュラリティーか…。未来予測の本をその年になったら、読んでみる。そうそう、バックトゥーザフューチャーがそうだったね。