Monthly Archives: December 2016

紺屋の白袴(The final hack in 2016)

サーバのセットアップがほぼ完了し、WordPressのコンテンツに勤しみ始めた今日この頃。

自分のサーバにもirMagician付けないとダメじゃん?こう言うのを「紺屋(こうや)の白袴」って言うんだよ。って感じでイソイソと作業を開始した。各種の設定はチョボチョボやるとしてとりあえずハードの設置を行う事にした。まぁ、これからやる人の参考になれば幸甚です。

  • 材料
     irMagicianを設置しようとすると色々と細かい事が必要になるので、そういったものの理解の一助になればと思う。ほとんど材料は100均で入手出来ると思う。

    • irMagician本体
    • フレキシブルケーブル
    • USB延長ケーブル

    • 目玉クリップ

    • ネジ
       M3のネジとワッシャ、ナットを用意する。


  • 加工方法
     目玉クリップを加工して、フレキシブルケーブルのクランプベースを作る。これは単純にクリップを2つ重ねてネジ止めするだけ。





  • 設置
     制御対象物の側に設置する。TeamKNOxラボではエアコン、シーリングライト、リモコンコンセントなどが対象。これらに信号が届く位置に設置する。




2016 今年を振り返る

今年は閏年。そうオリンピックがあったのだ。どうもこの年は調子が悪いようだ。

そんなことを感じながら、一年の締めくくりのブログを書いている。
読んだ本の数は25冊、観賞した映画は4本。映画は例年に比べて少ない。もう少し、観るようにしよう。

まず、大きなトピックはクルマを買った事。もう一つは今後の進路が今一つはっきりしない事だ。これにはちょっと不安があるが、まぁしょうがない。出来る事を粛々とやるだけだ。

各月を振り返っていく。
1月:会社の出張で、Sandiegoに行った。アメリカはあまり楽しい国じゃないのが実感。でも、旧友と会えて良かった。スキーの陰練なども実施
2月:この月にアンドロイドのシナスマホ買った。でも、1年持ちませんでした…。
3月:タイとUKに出張。タイに出張で行くのは珍しい事だと言われた。非常に思い出深い出張になった。UK出張はとうとう本社自体を観る事は出来なかったけど、インテルの時も似たようなものだったからそんなもんだろと思ったり。
4月:ちょっと特殊な座イスを購入。けっこう面白いしカラダが鍛えられてよかった。でも、GPD-Winを頼んだのはこの月だったんだ。HDMIの小型ディスプレイも作れた。
5月:以前に作った株システムの見直しと再実装。GWはそれに使った感じ。アロハ購入。
6月:後半からちょっと雲行きが怪しくなってきた感じ。ほとんど難癖の感じだよな。「アメリカでクルマ運転したくない。」って言ったら人事考課らしいw.
7月:まぁ、そんな感じで仕事集中。他に何も出来ない感じ。買収される話がジワジワとw.
8月:家族と久々の海水浴。子供たちはすっかり大きくなり、「虎の穴」のように水泳を鍛えまくって、そのままリニアに成長したから体力分で完全にオヤジを凌駕するに至った。なので、なんの心配も無く本州東側で最もキレイな海、ヒリゾ浜を堪能出来た。
9月:週末は呑んで過ごす事が多くなった。この月は上海出張で現地の同僚と旧交を温める事が出来た。
10月:ハゼ釣りの月。ほとんど同窓会状態で楽しかった。一緒に行けない人もいたので、次の課題だな。
11月:Abarth 124 Spider が納車。棺桶リストの項目がひとつ消費出来た。
12月:前月まで色々とあったが、周り(家族、CTO、元同僚)のサポートもあって徐々に復調してきた。特に新しい事に挑戦するために機材のセットアップをしてくれたCTOには感謝だ。クリスマス(忘年)会も出来たのでよかった。クルマの調子も良いので、久々に楽しくなってきた。

総括:
 まぁ、ある一定の確率でそういう人と対峙しなければいけなくなるのは今後も変わらないだろう。その時に自分はどうするのか?が新たに学んだことである。来年はいい年になるといいな。

映画:Rogue One

 久しぶりのStar Wars。これを観る間に何本か公開されたけど、ちょっと観る機会がなかったので久しぶりだ。これは「外伝」だが、それなりに楽しめた。最近、映画を観に行けてないな。もう少し、時間を作ろう。

書評:カストロ、銅像なき権力者

戸井十月のカストロへの思い