Daily Archives: 2017/02/11

ちゅうつねカレッジに参加してみた

 今後はエンジニアリングからマーケティングの仕事になりそうなので、ちょっと色々と試し中。そんな中でオンラインサロンの「ちゅうつねカレッジ」と言うのがあったので参加してみた。そのイベントとして「三サロン合同勉強会」なるものが開催されたので参加してみた。でも、この日は色々と用事が多かったので調整が大変だった。

 はあちゅうの第一印象は、朝がすごく弱そう。ツネザワさんはすごく声が良く通る。

 うーん、勉強会の第一印象はやっぱり対象となる人を崇めるわけだから、「マイルドな新興宗教」って感じかな?そうは言ってもここでお話している方々はかなりのバイタリティはあるし、それなりのセルフブランディングをしている。参加者はサロンをやりたいとかを考えている人が多いみたい。それを有る程度来てから(20代中盤〜)やるのはちょっと大変な気がする。例えば、ツネザワさんは中学・高校の学歴も記載されているよね。桜蔭中学・高校。これ世間一般では「開成中学・高校」に匹敵する認識なわけ、つまり「中学から偏差値は高いんですよ(勉強が出来る=事務処理能力はある程度担保されている)。」って雄弁に言っているわけです。この4文字で。でもって慶應。後の活躍は言うまでも無し。
 でもって「はあちゅう」だって、慶應から電通でしょ?そういうのが下地にある人たちがそれなりに試行錯誤しているんだから、そういうのが無い人がうまくやるのは相当大変だと思う。まぁ、ネットの上で見える事はあまり無いからその一面を見ているだけなわけだし。手に届くアイドルみたいな所はあると思う。
 それゆえに好きな事だけやって生活しよう、好きな事でサロンを開いて、みんなと共有・共感して生活しよう。っての判らないでは無いけどけっこう大変だと思います。

 職歴(実績)
 学歴(高等教育)
 学歴(中等教育)
 人脈
 資金

 社会人になって仕事関係で相対する場合にはこういうのが必要になって来るわけで、これらを用意せずに表層的なところを追いかけても意味がないなという感じ。
 #だってライターやってます。って言う人の記事を見ると、Wikiペディアの丸写しだったり、どこかのパクリがすごく多い。

 ネットの活動をマネタイズするってけっこう大変だと思う。はあちゅうの代名詞になっている「自分のお金をかけずに世界一周」ってのがあるけど、あれにしたって「誰かがお金を払う」わけだし。そのお金を払った人にとってはそれが価値があるから、お金を払ったわけだし。自分たちも似たような事(UK, France ビジネスクラスでアゴアシ付き)を1999年にやったけど、慶應に在学していなかった自分には最初にそれなりの成果物(つまり初期投資)が必要だった。ただ、結果としてついてきただけであってそれを目的にしたわけでは無かった(というか考えも及ばなかった)。

 「本を出したい。」って人も多かったな。本を出版するのってそんなに難しくないと思う。売れる本を出すのは難しいけどね。自分しかできないことをやれば、それを企画にして編集部に持ち込めばイイだけの話。

 後2〜3回、勉強会に参加してみてあまり得る所が無かったら退会かな?