Mobile Operator について

 先日、家族にMobile Operator、それぞれについて意見を求められたのでちょっと書いておく。iPhoneが3社から発売されると、iPhoneそのものでの差別化は出来なくなるので、基本的にネットワーク品質などに目が向けられるのはちょっと前のCMなどを見ても判る事だと思う。ケータイに対する取り組みを並べると以下のとおりと考えている。

 docomo > au > Softbank

 これは一般の人との乖離が若干あるようで、Softbankは先進的なイメージがあるようだ。これはPepperを始めとした割と目立つ案件をM&Aしたり、投資を行っている事が大きいと思う。docomoはけっこう見えない所で、様々なテクノロジーを使っている必ずしも一般大衆受けしない玄人好みのしぶいテクノロジーを入れ込んでいるように思える。

 最近は山行に凝っていて、主に三浦アルプスを楽しむ事が多い。この辺りの三浦半島はドコモの研究施設である YRP を抱えている。そのためのケータイのモデム部分のテスト(ラボテスト、フィールドテスト)は横浜の一部や京急沿線で行われる事が多い。このため個人的には横浜から三浦半島で使うのはドコモ一択であると考えている。個人的にはauを利用していたが、Nov/1からはドコモの予定だ。山行に出かける二子山にはKDDIの中継所もあるが、なぜかauの電波は圏外になってしまう事が多い。途中で電波が切れると命の危険を感じるのは、多くのハイカーやトレッカーが思う事だろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *