書評:巨人伝(上・下)

 明治の知の巨人と言われる「南方熊楠」の生涯を同郷の「津本陽」描いた。最初の頃は熊楠の霊体験などが出てて、読むのがつらかったが後半は一気に読めた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *