台湾来てみた

 なかなか、来ることが出来なかった台湾にようやく来れた。2017/Febあたりに適当なツアーを見つけて長女か昔の同僚と来るつもりであったがその機会を逸してしまっていたのだ。念願かなって来ることが出来た。出張で来れたし、週末も挟んでいたので色々と楽しめた。
 仕事のことを書いても面白くないので、仕事以外のアクティビティについて記述しておきたい。
 台湾に来てびっくりしたのが、日本製品の浸透度だ。街中のいたる所で、日本語(カタカナ、ひらがな)を見かけるし、関心度も非常に高い。日大のアメフトの件がイブニング・ニュースで報じられていたくらいだ。安室奈美恵のコンサートの様子などもそうだ。
 観光地として台湾はどうかをちょっと考えてみた。この考察は自分の家族を連れてきて楽しめるかどうかについての視座で考える。

  • 物価
    思ったほど安くはない。感覚的には日本の0.9倍くらいだろうか?台湾人が通常利用するような食堂だと0.8倍くらいかもしれないが、そんなもんである。

  • 夜市
    うーん、難しい。花見の季節や夏季には縁日が近くで開催される。また、上野のアメ横をよく知っているので、特に感慨は大きくはない。むしろ、夜市にはキャンプ用うのテーブルと椅子があれば数倍楽しめるなと思ったほどだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *