書評: 上と外

 ステップファミリーを軸とした冒険物語。考古学者の父、マーケッターの母、普通の高校生の主人公、腹違いの可愛い妹の構成で父が働いている南米G国(ガテマラ?)に家族で遊びに行く。そこで古代遺跡を巡るためにヘリコプターに搭乗するもその途中に密林に投げ出され、密林に点在する古代遺跡の復活の儀式に巻き込まれ、その儀式に果敢に挑戦していく。復活の儀式は内戦とリンクしそのリーダーは革命軍のリーダーでもあった…。
 随所に出てくるサバイバル術などが面白い。子どもたちが挑戦するさまはメイズ・ランナーみたいな感じかな?情景描写も的確なので、読んでいても飽きない。おすすめ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *