Wii リモコン3

 リモコン結果の出力先であるシリアルポートをハンドリングするためのルーチンを実装した。これは先に開発してある RoboShell Composer で利用している部位をクラスライブラリ化して汎用性を高めたものを流用している。
 この次の処理として、HIDのレポートの入出力部分を細かく書いていく予定。その後はそれらをサンプリングして定期的に実行する部分とシリアル出力をマップして完成。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *