PS2 controller for EZ-SERVO (Logicool)

現在、RoboShell は PS2 のコントローラをサポートしている。今までは Gametech のコントローラを使っていたけど、logicool のもそこそこメジャーなので実験を行う事にした。
PS2 controller from Logicool


logicool のコントローラの特徴は受信部が小さい。コントローラのデザインは GameTech が好みだが、この受信部の小ささは魅力的である。
PS2 controller from Logicool


コントローラに搭載されている大小2個の振動機能用のモータは RoboShell では下記の様に制御出来る。
>1215 0007 0000 0000 0000 [Enter]
このコマンドを設定した後は、
□ボタンの make で小型振動モータが On になる。
□ボタンの break で小型振動モータが Off になる。
大型の振動機能用モータをアクティブにするには、
>1210 000x yyyy 0000 0000 [Enter]
x = 0 or 1 (0 = 小型モータ, 1= 大型モータ)
yyyy = 0 – 255 (0 で停止)
このコマンドを発行した後は、
×ボタンの make で大型振動モータが On になる。
×ボタンの break で大型振動モータが Off になる。
プログラム中からも呼び出せるので、ロボ自体が外部から加速度(攻撃)受けた時に手元のコントローラをブルブルさせる事も出来る。

One Response to PS2 controller for EZ-SERVO (Logicool)

  1. 振動のコマンドがやはりうまく動作しません

    SPIでもIOでも両方試してみましたが、波形が思うとおりに出力されない件は変わり…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *