マルチディスプレイは不可?

 ChameFX2Cap ですが、マルチディスプレイ環境ではうまく動作しないみたいです。
 ご利用の際にはお気をつけください。

7 Responses to マルチディスプレイは不可?

  1. oishi-akira says:

    開発担当者様
     たえまぬご研究にいつも感謝しております。
    早速ですが、最近チャンネルの切り替えが、チューナ付属のリモコン(ハードウエア)でしか切り替えることが出来なくなってきました。
     以前はリアルタイム録画や、スケジュール録画のチャンネル切り替えは画面上のリモコン、あるいは、画面表示の切り替えで切り替えが可能でした。しかし、現在は全てハードウエアリモコンでしかチャンネルの切り替えが出来なくなりました。
     リアルタイム視聴も同様にチューナ付属のリモコンでしか切り替えが出来ません。ただし1回のチャンネル切り替えは付属のリモコンで可能ですが、3回目からはVLC側でエラーになり画面が消えてしまいます。
     画面表示のチャンネル切り替えが出来なくなった原因はカメレオンFX2のハードウエア側に原因があるのでしょうか。
     なにか、お気付きの点がございましたらご教授いただけないでしょうか。

  2. skykiz says:

    >>oishi-akira さま
    当方の環境では普通に使えています。
    >>皆さま
    どうでせうか?

  3. tめ says:

    ソフト側のリモコンが全く効かないといったことにはならないですね。
    その状態でスケジュール予約で録画したいchに切り替わるかどうかとか、コマンドラインのcap_stsで@1とかch指定で切り替わるか確認してみては?だめならリモコンコード送ってるワイヤが切れたりしてるんじゃないでしょうか。

  4. lum says:

    リモコンのコードが以前は1だったのが最近では2になっています。このコードを変えようとするとエラーになってプログラムが終了してしまうトラブルがありました。
    今は本体、リモコンとも2にして動かしてます。

  5. oishi-akira says:

    開発担当者様、並びに、各ご教授様
     いつもご熱心に対応していただき、同じ趣味を抱くものとして、感謝致しております。
     早速ですが、スケジュール予約によるチャンネル切り替えと、Cap_stsによるチャンネルの切り替え実験を行ってみましたところ、下記の結果になりました。
    1、スケジュール予約によるチャンネル切り替えの実験
     
     やはり、デフォルト(初期)のチャンネルでしか録画できませんでした。つまり、時間は正確に開始しますが、チャンネルが切り替わりませんでした。
    2、Cap_sts.exeによるチャンネル切り替えの実験
     デホルト局を、地デジ1チャンネルで実験し、Cap_stsのチャンネルコードを@B3と@B6で録画しb25でmpg変換し、再生してみましたら両局共に希望するチャンネルになり、チャンネルの切り替えが可能でした。
     従いまして、リモコン端子の配線とカメレオンFX2のファームウエア、ハードウエア側には問題なさそうです。
     結論はまだ不明ですが、旧バージョンに入れ替えて使用したりしたことが原因なのか、あるいは、私のコンピュータシステムに問題があるのかも知れません。
     失礼な点がございましたらお許し下さい。
    今後ともよろしくお願い致します。

  6. oishi-akira says:

    開発担当者様、並びに、情報ご教授様
     画面表示リモコン「非反応問題が解決した」お礼について。
     先ほど、画面表示リモコンが反応せずに、チューナ付属のリモコンでしかチャンネルの切り替えが出来ないと申して、解決策のご教授をお願いしたものです。
     ご投稿者の「lum」さんのおっしゃる通りにチューナの底面にあるリモコンコード切り替えスイッチを「2」にしたら正常に作動するようになりました。
     情報のご教授に感謝しております。ありがとうございました。
     私は、若いころからオーディオ機器を自作してきましたが、今回便利なキットを、若い頃の経験を生かして、半田付けをして、配線関係をホームページの写真や資料をたよりに組み立てました。
     中でも、一番困ったことは、ファームウエアと、プリント基板の結線情報がよく解らなかったことでした。しかし、ファームウエアは「デジ太郎cap_stsのmax2フォルダ内のcap_sts.svfを「カメレオンUSBFX2ツール類」にある「CUSBWR2」によってファームウエアをインストールすることが出来ました。これによって、cap_sts.exeが動くようになりました。
    プリント基板への配線は「デジ太郎cap_sts内の手順TXT」に書いてありました。いずれにしましても自分で組み立てたものには、40年使用しているオーディオ同様に、愛着をものすごく感じるものです。
     今後も、興味が尽きない、ご研究に励まれることをご期待申し上げます。
    おかげさまで、62才にして青春の思い出を楽しんでおります。

  7. skykiz says:

    こんにちは
     なんか、痛いトラブル続出ですね。
     すいません。
     夏休みに時間が取れたら直しますので、それまで運用でカバーしてください。
    以上、よろしくお願いいたします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *