OS install

  • はじめに
     OSは Windows7 Ultimateとする。こちらは枯れ切っているのとまだ余っているライセンスがふんだんにあるためだ。マイクロソフトはWin7以降のOSに関して、無料アップグレードを1年間を行う事を表明しているので、Win7にて動作確認や環境構築を行い、その後にゆっくりWin10にしていけば良いかと考える。Windows以外のOSはVirtualBoxなどの仮想環境を用いて、利用していく。

  • インストール形態
     Zero-Spindleなので、CD/DVD の類いは使えない。USBメモリーにISOイメージを展開して、インストールメディアを作成する事になる。

  • 古めのOSを最新機種に入れる問題点
     ちょっとはまったのが、インストール途中でUSBメモリーを見失ってしまう事。Win8.1以降なら問題ないらしいが、Win7だと使われているチップセットのドライバが入っていない。そこで、自分でドライバをマージしたisoイメージを作成して、インストールメディアを用意する必要がある。

  • インストールメディアの作成
    1. 準備
      マニュアルにも書いてあるが、日本語がいい人はこちらの方の体験記を読むと良いかも知れない。要はUSBのドライバを入れ込んだメディアを作る事にある。さらにもう一点、はまった点はIntelのWifiアダプタはSP1が前提だと言う事。SP1のisoイメージを入手するのは難しいが、こちらにドライバを入れ込んだイメージを作った方が使い勝手が良くなると思う。

    2. ディレクトリからisoイメージを作成
      あくまでもZero-Spindleなので、DVDを使わずにインストールメディアを作成する。それぞれの*.wimが作成出来たら元のディレクトリに書き戻し、ImageBurnなどでiso化する。

    3. ブータブルにする
      2で作成したisoをブータブルにして、USBメモリーに展開するのはマイクロソフトのWindows 7 USB DVD Download Toolを利用する。

  • インストール
    上述した方法で作成したUSBメモリーを使ってブートし、そのままインストールする。

  • さいごに
    作成したisoはレスキューメディアをしてキープしておいた方が良いだろう。