オープンカーを買うまで

 クルマを買う事にした。自分の乗りたいクルマを買う事にした。もう、家族サービスって世代でもないし、「家族サービスをしないのが最大の家族サービス」とまで言われてしまう状況では自分が乗りたいクルマを買うのは正義だ。と言うわけで車種はアバルト124スパイダーにした。クルマを買うにあたって、特にオープンカーを買うにあたって色々と注意点があるのでまとめてみることにした。

  • 買うための準備
     納期(納車時期)を見極める事は重要で、ここから逆算して様々なことが決まってくるのは仕事(プロジェクト)と同じ。

    • クルマ選び

       琴線に触れる楽しいクルマを選ぶ。

    • 資金調達

       ローンを組む場合は、ディーラー、ろうきん、取引先銀行などの金利を見極めてローンを組む。

    • ディーラー選び

       これは極めて重要。近いに越した事は無いが、市内や私鉄・地下鉄で3−4駅の範囲でアクセス可能ならそれぞれにコンタクトを取って相見積もりを取る。特に人気車種だと納期がディーラー毎に大きく変わる。10月の始めに最寄りのディーラーに注文を入れた所、年明けの納車だと言われた。これでは時間がかかり過ぎるので、地下鉄で4駅先のディーラーだと、「展示車でよければ即納だ。」と言われた。で、ディーラーを変更した。また、価格も下った。こういうこともあるので相見積もりを取り納期の確認はしっかりやる。

    • 駐車場(タワーパーキング)

       オープンカーはソフトトップにしろハードトップにしろ、通常のクルマより屋根回りが痛みやすい。そこで駐車場に屋根が必要になってくるが、イタズラされる可能性も少なくない。可能であれば、屋根付きの密閉空間が好ましい。と言う事でタワーパーキングを探す。出し入れに若干の時間がかかるが趣味で乗るだけなので、全く問題ない。むしろ安心感が大きい。

    • 車庫証明(保管場所使用承諾証明書)

       納車の時の数日前には完了していなければならないので、不動産屋とディーラー(車庫証明を取ってきてもらう場合)と連絡を取り、準備してもらうようにする。例えば、11/1が納車だったら、10/24, 10/25に不動産屋に証明書を用意してもらって、地元の警察署に届けを出す必要がある。

    • 保険

       家族構成、乗る頻度などを大まかに決めておく。インターネットで一括して取れる場合があるが、アバルト124スパイダーだとまだ車種として新しいようで対応していなかった。仕方がないのでいくつか目星を付けた所を数社比較した。条件がほぼ同一なので車両保険を含めて、年間で数千円の違いだった。注意点は契約開始時刻が何時になるかと言う事だ。自分の場合は16:00スタートだった。ディーラーにクルマを取りに行く場合、ディーラーから引き上げるのは原則としてその時刻以降でないと保険が有効にならない事を注意する。