燃費計算と家族負担分の計算方法と実装

開発の経緯
 家族がある程度成長したので、共用しているクルマの受益者負担分を計算するシートを考えてみた。こういうのはみんな考えているのかな?と思ったがググってもあまり出てこないので、自分で作成してみた。

目的
 家族の誰かがクルマに乗った場合にその人が毎月、いくら払うかを計算する。

仕様
 ・クルマは一台
 ・利用者を限定(そのクルマの保険の適用範囲→家族)
 ・受益者負担分の計算
  ・距離に応じたガス代
  ・利用に応じた有料道路代

 ・ドライブのライフサイクル
  ・出庫から入庫まで

 ・出庫時に記録するもの
   ・運転者
   ・日時
   ・走行距離

 ・ドライブ中の記録
  ・有料道路代
  ・給油時
   ・ガス代(1L当たりの価格、量)
   ・給油時の距離

 ・入庫時に記録するもの
   ・走行距離

計算方法
 ・走行距離の計算
  ・走行距離(DriveDistance) = 入庫時の距離(DriveEndDistance) – 出庫時の距離(DriveStartDistance)

 ・燃費の計算
  ・燃費(FuelEconomy:km/l) = (直近の給油時の距離(FuelNowDistance) – 前回の給油時の距離(FuelLastDistance)) / 給油量(FuelLitter)

 ・受益者負担分の計算
  ・ガス代
   ・条件
    ・直近のガス代で計算する
     ・各自のガス代(FuelPriceEach:JPY) = 走行距離(DriveDistance:km) / 燃費(FuelEconomy:km/l) * ガス代(FuelPrice:JPY/l)

  ・有料道路代
   ・ETCの利用履歴とドライブの日時の照合により、受益者を特定
   ・実費をそのまま上記のガス代と合算する

その他
 ・目的、同乗者、目的地、気温などを記録する
 ・オーナー負担分の記録
  ・駐車場代、保険代など

ダウンロード
 ・Excel Sheet(近日公開)

今後
 ソフトウェアエンジニアなのでExcelに甘んじる事なく、以下のようなアプリを実装してみたいと考えている。ただ、Excelはあまりにも小回りが利く、またまだ家族がそれほどクルマを使っていないので、オーナーがほとんど独占しているのが現状でアプリ開発のモチベーションがイマイチ湧いてこないw.

 ・Webアプリの実装
  共用するものなので、Webアプリが適していると考える。毎月、システムから負担分内容がメールされるシステムを考えている。
  ・実装中

 ・マツコネのアプリ(カーライフログ)
  マツコネの3rd ptyへのシステム解放は無いものだろうか?SDKの準備と下記機能のAPIが用意されれば、アプリ自体はイベントごとにデータベースに書き出すだけなので、難度は高くない。可視化は別のアプリでやらせればよい。
  ・キー(イモビ)によるドライバの特定
  ・GPSによる出庫/入庫確認
   ・走行日時
   ・走行距離
  ・ETC2.0連動
   ・各料金の取得
    ・有料道路代
    ・ガス代
  ・その他
   ・気温、目的地など