$9 Computer

$9 Computer
 CHIPは$9 Computer としてクラウドファウンディングでリリースされた。ARMのSoCを使い、Linuxが動作する小型ボードコンピュータである。

コアシステム
$9部分はコアとして、様々な周辺機器と密結合しシステムを構成する。コア自体はUSBのタイプAコネクタとBluetooth, Wifiを装備している。さらにリポバッテリーの接続端子を装備し給電・充電の回路も実装している。日本の場合だと、技適があるのでこれをそのまま使えないのがつらいところだ。

ただし、この形態での利用はコアシステムのkernelのチューニングかなり施されているので本来はkernel-driverとしてインテグされているCDC-ACMが動作せず、irMagicianのポン付けでの利用は出来なかった。こんなのが出来ればベストだったんだけど、ポン付け的にも法令的にもちょっとむずかしいね。

HDMIアダプタ
コアシステムと接続して、HDMIを増設しディスプレイを接続するためのアダプタ

HDMIを介してディスプレイとUSBポートにキーボードを接続する事でPC的に利用が可能になる。

Pocket CHIP
 Pocket CHIPは専用のタッチディスプレイと簡易型のキーボードを装備している。昨今のスマホやタブレットの隆盛を考えると、お世辞にも使いやすいとは言えないが、Linuxが剥き出しになってハッカブルな構成はヲタク心をくすぐる。ゲームオーサリングソフトであるPico-8Minecraftなど様々なソフトがポーティングされつつある。Rogueなどのコンソールベースのソフトであれば、apt-get でインストールも可能である。コアシステムではうまくなかったirMagicianの動作に関してはttyACM0として認識され動作可能だった(出荷のバージョンによるものかも知れない)。
こちらを試す