Appの作成

・アプリケーションの作成
 今回作るアプリケーションはクルマの出庫/入庫時の距離やガソリン代を入力して、走行距離や燃費を計算する。最初は出庫/入庫時の距離を計算するアプリケーションを作成する。

 アプリケーションの名前をdriveとする。コマンドは

 mycarプロジェクトの下に以下のディレクトリが作成される。

・モデルの作成
 データベースに定義したいモデルを drive/models.py に定義する。

・モデルの有効化
 drive アプリケーションを設定した事をプロジェクトに定義する必要がある。プロジェクト mycar/settings.py の INSTALLED_APPS に drvie を追記する。

・言語とタイムゾーンを日本にする

・マイグレーションファイルの再構成
 以下のコマンドで models.py の変更を検知する

 ・マイグレーションファイルからのSOL文の確認

 ・マイグレートのデータベースへ反映

 Django 1.7 からデータベースのマイグレートツールが標準で取り込まれた。
 新しいテーブルや既存のテーブルの項目を追加/変更したい場合のルーチンワークは以下のとおり、
 1. model.pyを直す
 2. (env1) $python manage.py makemigrations AppName – models.pyの変更を拾ってマイグレートファイルを作成
 3. (env1) $python manage.py migrate – マイグレートファイルをデータベースに反映する